興信所とは? 探偵社との違い

スポンサードリンク

興信所とは、主に企業などを中心に信用・財産などを調べ報告する民間の企業。
興信所とは、もともとは金融機関から独立してできた部門で、主な業務は企業の雇用調査や動向調査です。新入社員の採用にあたって、興信所が企業の依頼に基づき雇用調査をするのは周知の事実ですね。
興信所の調査は、一般には内密に調査を行うとしていますが、調査していることがバレてもそれほど影響はなく、時には名前を名乗ることもあます。つまりあくまで秘密裏に調査を行うのが探偵社で、堂々と調査を行うのが興信所と考えていいでしょう。
また仕事の対象も、興信所は企業向けが中心で、探偵は個人向けを中心としています。
とは言うものの、実際にははっきりと区別されていない場合も多く、同じ調査業務でも興信所と名乗っていたり、探偵社と命名されていたりします。

興信所の業務内容

興信所とは、個人や企業などの信用・資産・素行・経歴などを調べて、報告する民間企業のこと。
興信所ではどのようなことを行っているのでしょうか。主な業務内容には、
・信用調査〜個人信用調査、結婚調査、雇用調査、企業調査
・行動調査〜素行調査、浮気調査、張り込み調査
・所在調査〜家出人、尋ね人探し
・嫌がらせ調査〜盗聴・盗撮器発見、ストーカー・いたずら対策
・その他の調査〜裁判証拠調査、DNA・筆跡・指紋鑑定、自己の風評調査

などがあります。すべての興信所が上記の仕事を行っているとは限らず、興信所によっては得意な分野とそうでない分野があるので、依頼する際にはきちんと調べてからにしましょう。

また、一言に興信所と言っても、ピンからキリまであり、個人経営のような小規模のところから、全国に営業所がある帝国興信所のような大手まであります。中には、悪徳興信所もあるので、依頼する際には十分注意が必要です。

スポンサードリンク